original

超下半身デブから20キロやせて準ミス日本になった女性(動画)

超下半身デブから20キロやせて準ミス日本になった女性

凄いタイトル〜^^;
でもほんとに凄く綺麗な美脚です!

やっぱり美脚は一日にして成らず!なのですね。
がんばってみよっと〜!

超下半身デブから20キロやせて準ミス日本になった女性
posted by ダイエットマニア | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シニアでなくてもコレいいな!ロンドンのハイド-エクササイズ-パーク



これいいですね!
近所の公園にあったら友人たちと楽しく無理のない運動が続けられるのにな〜

ダイエットのたんのエクササイズは長く続けられることが一番大事だと痛感してます。。。

仲間を作って楽しく運動できたら最高ですね!
それも無料で^^

☆ニュース全文☆

英ロンドン(London)中心部の公園ハイドパーク(Hyde Park)内に19日、初の「年金生活者のエクササイズのための屋外遊具エリア」が誕生した。

高齢になっても活動的で健康的なライフスタイルを送れるように、と設置された遊具の「対象年齢」は60歳以上。体への衝撃が少ない優しい動きで運動できるよう設計されており、楽しみながら筋力や反射神経を鍛えられる。友人たちとの交流を楽しめる場でもある。もちろん60歳未満でも、16歳以上であれば誰でも遊具の使用は可能だが、本格的なトレーニングには向かないそうだ。

高齢者のための「公園」は中国や欧州全土では盛んだがロンドンでは初の試み。地元自治体は建設に約4万ポンド(約530万円)をかけたという。写真は、オープン初日にさっそく遊具を使ってエクササイズする高齢者(2010年3月19日撮影)。
posted by ダイエットマニア | ダイエットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和のエクササイズでダイエット!刀エクササイズ



日本のエクササイズって感じ。
ボクササイズとコンセプトが似ている気がします^^
楽しそう!
たのしくなければいくら減量効果があっても続けられませんよね。

ストレス発散にもなりますね。

前に通ってたボクササイズのトレーナーは「憎たらしい人の顔、そう旦那の顔を目の前に思い浮かべて!そこをめがけてフック、フック、アッパー!」とか言うのでみんな笑いながらも目が真剣になってて打ちまくってましたっけ^^;

気持ちイイ汗かきたいですね♪

ニュース本文ここから☆

【5月13日 AFP】「刀」と言えば昔は侍が敵を切りつけるものだったが、現代ではぜい肉やストレスを「成敗」する「刀エクササイズ」なるものに使われている。

「右足を出して、まっすぐに切り下ろす。胸を押し出して、背中を曲げずに切ります」。都内にある刀エクササイズ教室で指導するのはたかふじ右近(Takafuji Ukon)さん(31)。日本舞踊や剣舞の経験を持つエクササイズプロデューサー兼コレオグラファー(振付師)だ。

「これで余分な脂肪を成敗!」――右近さんのかけ声に合わせ、スタジオでは女性たちが汗だくになりながら刀を振り下ろす。「胴切り、まっこう切り、ななめの袈裟切り、逆袈裟切りの4つの基本の型を覚えてもらい、その後コンビネーションに入っていきます」と右近さんの説明は続く。

 もちろん使っている刀は木とウレタンで作られたレプリカだが、エクササイズ参加者の決意は「1か月で5キロの減量」と「鋼」のようにかたい。

 刀エクササイズがこれほどの人気を博していることに、右近さん自身も驚きをかくさない。「刀イコール男性、扇イコール女性を思ってたんですが、そんなことはなかった」。1時間2000円のクラスには100人以上の女性が登録している。

 右近さんが学んだ剣舞のルーツは数世紀前、侍が死者を弔った際の鎮魂の舞いにさかのぼるとされる。また右近さんの母親は日本舞踊の師範だ。

 教室を始めたきっかけについて右近さんは「日本の伝統芸能とエクササイズを組み合わせて幅広い人に楽しんでもらい、ダイエットもできるものができればいいと思いました」と語る。女性に人気が広がった理由は「自分が今まで絶対なれないと思っていたものになりきれる、鏡を見て刀をもった人物になった自分に陶酔してなりきるところが夢中になった理由だと思います」

 侍は禁欲的で非情なものととらえられているかもしれないが、右近さんの教えはもっとニューエイジ的だ。「今は時代的に人を切るということじゃないので、おのれの中の負の部分を切っていく」と、自分の中にある「脂肪」や「負の感情」、「衝動」などを敵に見立てるようにとアドバイスする。

 ある参加者(20)は「汗出たし、腰とかすごいひねれて、刀って楽しいです」と刀エクササイズの魅力を語る。

 エアロビクスに挫折したことがあるという別の参加者(40)は「まず刀を持つのがすごくオリジナルで、日本文化に少し触れる機会があるのでそれも楽しい。刀を振って切ることで気分も爽快になる。侍とか時代劇の主人公になった気分で、悪を切る気持ちでできます」と言う。

 別の参加者(33)は、真剣を使った合戦に置き換えたら、1回の教室で1000人以上を切っていることになる、と語った。
posted by ダイエットマニア | ダイエットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠れないのはiPadのせい?

睡眠不足はお肌とダイエットの敵!

でもさ〜iPadだけじゃないよ?
テレビだって十分睡眠の妨げになるって聞いたよ〜

スムーズな入眠のためには。。。

睡眠時間2時間前までに入浴をすませて体温が自然にお下がって眠くなるようにする♪

食事も3時間前までにすませる♪

1時間前までは目に光の刺激を与えないように証明を落として癒し音楽をかけてリラックスする♪

マッサージ、ヨガをゆったりやる♪

お腹がすいて眠れない><なんてときにはホットミルクにハチミツヲちょっと入れて飲むと精神的に落ち着いて眠れるようになる♪

レタスの芯に含まれている“ラクッシン”と“ラクットリコピン”が睡眠に良いそうで、特にサニーレタスやチュシャ(サンチュ)により多く含まれている♪夜食べるのにカロリー少ないし良いかも♪

などなどですが、私の場合ははっきり言って昼間の疲れで直前までノートPCやっててもバタンキューで寝ています。

色々なパターンがあると思いますが自分にあった十分で上質な睡眠をゲットして健康的に暮らしたいですね!

ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100514-00000007-cnn-int

ニュース本文はここから♪


眠れないのはiPadのせい? 可能性指摘する専門家も

5月14日16時51分配信 CNN.co.jp
(CNN) 米アップル社の多機能携帯端末「iPad」が米国で発売され人気を呼んでいるが、こうしたバックライト式の端末を就寝前に使うと睡眠サイクルが乱れ、不眠症の原因になるのではないかと懸念する声が出ている。

iPadやノートPC、スマートフォンといった製品の普及で、ユーザーが就寝直前まで明るい光を見続けることがかつてなく増えた。しかしこうした光のせいで脳が夜を昼と認識してしまい、睡眠パターンが妨げられて不眠症の悪化につながる可能性があると指摘する専門家がいる。

ノースウエスタン大学の神経科学教授、フィリス・ジー氏は「可能性として、就寝前に(iPadやノートPCを)使えば、その光のせいで脳が刺激されて眠くなくなり、眠りにつくのが遅くなることはある。起きる時間と寝る時間を決める脳の時計の概日リズムにも影響するかもしれない」と話す。

こうした問題はエジソンが電球を発明した時から始まったとも言われるが、ベッドでの読書にも最適とうたわれるiPadは、従来の紙の書籍やアマゾンの電子書籍端末「キンドル」などと異なり、画面の光が至近距離から直接目に飛び込んでくる。このため寝室でテレビを見る場合や電灯の明かりで読書する場合に比べ、睡眠パターンが妨げられやすいと研究者は言う。
また、人間の目は青色の光に対して敏感であるとされるが、コンピューター画面や電話といった電子機器には、覚醒効果の目的でこの青色の光がよく使用されるという。

睡眠障害の専門医であるレンセラー工科大学のマリアナ・フィゲイロ准教授は、電子端末のバックライト画面と睡眠障害との関係が疑われる患者に、オレンジ色のレンズが付いたサングラスを処方しているという。オレンジ色は青色を排除してくれるからだとういう。

ただし、iPadやノートPCが睡眠サイクルを妨げる可能性についてなされた研究はまだなく、関連を疑問視する研究者もいる。CNNはiPadを持っている数人に取材したが、いずれも就寝前にiPadで読書を楽しんでおり、睡眠の問題は感じていないとの答えだった。
posted by ダイエットマニア | ダイエットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポールダンス大人気!かっこいい!動画あり



これは良いエクササイズになりそうですね!
というか腕の筋肉を相当鍛えないとなかなかできそうにありません^^;

なんともセクシーなダンスですね〜♪
こんなのできたら楽しそう!



東京にもポールダンススタジオがありますね。
う〜ん通ってみたくなります。

ニュース本文ここから☆

コロンビア・アンティオキア(Antioquia)州メデジン(Medellin)で、ストリップクラブなどでおなじみの「ポールダンス」の学校が開かれている。体操やアクロバット、クラシックバレエの要素が入ったポールダンスは、同国では「エクササイズ用のダンス」として知られ、その人気は徐々に上がっている。

写真はポールダンスの練習をする女性(2010年4月27日撮影)。
posted by ダイエットマニア | ダイエットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。